FC2ブログ

鞭 3/3

 SM用の鞭は大きく3種類くらいに大別されるようです。バラ鞭、一本鞭、乗馬鞭があります。バラ鞭は、先が6本、9本などと枝分かれしているので、力が分散されるので音の割に痛くないのでしょう。逆に一本鞭や乗馬鞭は、相当痛そうですね。
 参考までにいくつか鞭に関するサイトを眺めてみました。興味深い記述がいろいろありました。鞭も奥が深いのですね。いろいろ見て勉強しないと^^;
スポンサーサイト
[PR]

鞭 2/3

 私は、鞭をどの女性に対しても使っているわけではありません。何度も私のプレイを受けている方に対して、それまでのプレイの様子を見て、使うかどうか判断しています。私は鞭を、痛みを与えるという意味合いのものではなく、お仕置きや拷問を受けているという感じの、いわゆる被虐心を高める意味合いのものとして使っています。
 前回の話で、叩かれてもそれほど痛くないと書きましたが、それでもお尻を叩き続けていると、その場所は赤くなっていきます。赤みがかると同時に、その女性の被虐心も増していくのでしょうか。鞭で叩かれた女性は、みな一様に悲鳴を上げます。けどその悲鳴は、止めてほしいという懇願の悲鳴ではないのです。叩かれるのを悦んでいるかのようなのです。そんな姿を見ると私も自然と興奮してしまいますね。

鞭 1/3

 私のプレイスタイルは緊縛羞恥が中心なので、鞭を滅多に使うことはありません。でもSMっていうと鞭と蝋燭というのは定番のアイテムですよね。あと、以前にブログに書いたSMビデオ「インモラル天使3」の中の鞭打ちのシーンが頭に残っていたのかもしれません。そんな意識もあってか、一応鞭を1本持っています。
 鞭にもいろいろな種類があるようですが、私の持っている鞭はバラ鞭です。
 バラ鞭は、打った時の音の大きさの割りに、それほど痛くないようです。もちろん本気で打ち降ろせば痛いでしょうが。
DSCF8807.jpg

危険な愛体験

 昨日レディコミについて書きましたが、私が読んだ本の名前を思い出しました。「危険な愛体験」です。新潟では書店で見かけないようですが、どこに売っているのでしょうかね。
 内容が見れるページを見つけましたので、下記に貼ります

http://sunnypb.net/taiken/kiken/tachiyomi/0901/kagawa01.php

01kisaraghi_tatoo_01.gif

04makino_sutekinatrip01.gif

レディコミ

 チャットで話をする人に「SMに興味を持つようになったきっかけは?」と問うと、レディコミを見たからという理由をおっしゃる人が結構います。
 レディコミもいろいろな雑誌が販売されていて、SMものの特集でまとめているものもあるようです。以前(といっても10年以上前かも)私が見たものは、読者の投稿を元に、それを漫画にしてあらわしたものを10話くらい掲載していました。投稿者が女性で、絵も女性の漫画家が書いているので、女性の目線であり、入りやすいのでしょうね。
 内容としては、現実にこんなことがあるのかなーっていうものが多かったような気がしますが、実際はどうなのでしょうね。

SMと出会うきっかけ

 最近はネットの普及もあり、SM関連の情報を手に入れる機会は増えてきました。某SMチャットは、休日になると部屋が空かないくらい満杯になっています。多くのS志向男性は、そこで出会いを求めているのでしょう。
 実際、女性がはじめてSMを経験するのは、何がきっかけになっているのでしょう。小説やビデオのように、借金のカタにM奴隷にされてしまうとか、何か弱みを握られて、そのままSMの世界に染められていく、なんてケースはどのくらいあるのでしょうか。
 リアルを経験している女性たちにそんなアンケートをしてみたら面白いかもしれません。

夫婦でのSM行為

 夫婦でSMができる関係っていいなぁ、と昔は思っていたこともありました。でも実際はそうでもないようです。日常生活の中ではSとMの関係になれない場面は多く出てきます。特に子供ができれば、母親が育児の中心であることが多いですので、家庭でも立場は強くなると思います。また、子供がいては、家の中でSMプレイもしにくいですよね。縛られて動けなくなっているときに小さい子が夜泣きなんてしたら…。
 SMの相手は外に求めるのが自然なのかもしれません。

DVDを見る視点

 実際に緊縛をするようになってから、SM-DVDを見る視点が変わってきました。以前は興味をそそられるタイトルや、パッケージの写真、知っている女優さんなどを見て、何となく面白そうなものを選んでいました。でも、今はそうではなく、ハウツーものや緊縛中心に流れているDVDを借りるようになってきました。もっとも後者の内容は私にとって高度で参考にならないことがほとんどですが^^;
 ストーリーものの一般的なSM-DVDでも縛り方や責め方に参考になるものは結構あります。背後事情もあってなかなか家でゆっくりと鑑賞する機会はありませんが、SM-DVDを見ることは、自分にとっていい勉強になっています。

緊縛基礎理術

 rijutsu.jpg
昨日は緊縛術のDVDについてご紹介しましたが、緊縛術の本もたくさんあるようです。以前ある店で「緊縛基礎理術」という本を購入しました。DVDですと、テレビまたはパソコンを前にしないと見ることができないのが難点ですが、本はどこでも見ることができるのが利点ですね。この本もいろいろな基本的な縛りの型が書かれていて、ためになります。分割写真で、縛り方を克明に記しているのでわかりやすいです。
 緊縛を受ける女性は、不安を持ちながらも、期待に胸を膨らませて縛られにきます。縛る側も「来てよかった」と思っていただけるようないい縛りをしたいものですね。
03a.jpg

緊縛教室

09031

 縛りを覚えるためには、決して我流ではうまくいきません。教わることで縛り方がうまくなります。そのために一番確実な方法は、緊縛講習会等に参加することですが、なかなかそういうところに行くのは勇気が要ります。私は独学なのですが、DVDや緊縛術の本で学びました。
 あるレンタル店で、「緊縛教室」というDVDを見つけました。SUPAR ERO という会社から出されたもので、2002年のものです。これは基本的な縛り方が満載されており、とても役に立ちました。縛り方を、実演や文字で説明しながら行っているのでわかりやすいです。また、スローモーションで縛り方の反復をしているものもあります。全部で210分の内容です。
 縛り方を学びたい人にはお勧めですね。
cap028.jpg
プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
146位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR