FC2ブログ

ホテルと鏡

 プレイの時に鏡は定番ですが、ラブホテルによっては、鏡が室内にあまり設置されていないように思えます。もちろん洗面台の前には必ずありますが、室内で見かけることがないような。。。

 プレイの時に、わざわざ洗面台の前まで連れて行く事が多いですね。

 最近のラブホは、若い男女が利用したくなるような内装になっているのかもしれないですね。むしろカラオケとか浴槽などに力を入れているのかも。鏡張りは流行らないのかな。

 昔ながらのラブホ(名前がそんな感じ)に、どちらかというと鏡張りの部屋が多いような気がします。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 定番ですが、女性を縛ってから鏡の前に立たせるプレイをよくします。

 M女性にとって、縛られて辱めを受けること自体とても恥ずかしいことなのですが、そんな自分の姿を見るというのは、その極致ともいえる行為だと思います。

 私は縛ってから女性を鏡の前に連れて行きます。そして恥ずかしくなるような言葉をかけて、その姿を確認させます。その姿を正視することができない女性がほとんどです。そんなときは、髪をつかみ、顔を上げさせて確認させます。

 その姿を見てより恥ずかしくなるのか、より興奮してしまうのか、女性は声を漏らします。そんな女性の、感じる部分を触ったり撫でたり刺激をしていくと、その反応はさらに大きくなっていきます。

 プレイの前段の部分ですが、そんなふうにされて、M女性の心と体は高まっていきます。 

「古畑任三郎」から強引に緊縛の話

 最近もBSフジで再放送をしていることがありますが、私の好きなドラマの一つです。

 このドラマの主人公である警部補・古畑任三郎が、見事な推理力で犯人のアリバイやトリックを崩し、事件を解決させるストーリです。
犯人役として有名俳優が毎回登場しています。刑事コロンボのストーリー同様、最初に犯人が殺人事件を起こし、アリバイ工作などをします。それから古畑が登場し、犯人とのやり取りの中で事件を解明していくのです。ご覧になっていない方は、ぜひ一度ご覧ください。絶対はまると思います^^

 さて、この古畑任三郎で「殺人特急」というタイトルの話があります。このときの犯人役は鹿賀丈史です。
この話では同じ電車内で殺人事件が起こり、医者を探すシーンがあります。このとき、古畑は食べ終わった駅弁を紐で縛り直したものを見て、鹿賀を医者だと推理するのです。

 最近「縛師」の話題を書くようになって、このエピソードをふと思い出してしまいました。何かを縛った紐を見て、「この人は縛師だ」とわかるような場面ってあるのだろうかって。。。

 ないでしょうね(汗)

緊縛を行う人の呼び方・・・ウィキペディアでは?

 ちなみにウィキペディアでは、

「縛師」

という言葉はなく、

「緊縛師」が載っていました。そこには「緊縛師」ではなく「縄師」と呼ばれることも。。。

 本来「縄師」とは、江戸時代の武術としての捕縄術の師、若しくは浮世絵などにおける責め絵、縛り絵を得意とする絵師を指す言葉とのことなのだそうです。


そうすると「緊縛師」が正解?

緊縛を行う人の呼び方を検索してみたら・・・

 左の数字がgooでのヒット件数、右の数字がgoogleでのヒット件数です。

縛師  約344000件   5450000件
縄師  約320000件   2820000件
緊縛師 約317000件   2600000件   

 ヒット件数では「縛師」が多かったので、やはり縛師なのかなあ。でも絶対的な差はないみたいです。

 googleで「縛師」が突出しているのは何故?

どれが正しい呼び方?

 女縛師シリーズについて書いていたおかげで、縛師という言葉を使うようになりましたが、私が「縛師」という言葉を聞いたのはこれが初めてのような。。。

 「縄師」、「緊縛師」という言葉の方がよく耳に入ります。実際はどう呼ぶのが正しいのでしょう?

縛師と作務衣

 女縛師シリーズでは、主人公の女性が弟子入りした縛師の家での修業の場面が出てきますが、師匠の縛師はいつも紺色の作務衣を着ています。やがて主人公も赤紫色の作務衣を着て登場する場面もありました。

 そんな姿で緊縛を行っていると、さまになるというか似合うというか。恰好いいなあと思ってしまいます。

 もちろん作務衣を着るからには、緊縛を熟達していないといけません。私には作務衣を着て緊縛する人は、特別な人であるという感情がありますね。

 そういえば私の買った緊縛術の本でも、前に見た緊縛術DVDでも、縛師さんは作務衣を着ている人が多いです。作務衣は縛師の制服なのですね。

実際にいる女縛師

 前に、印象に残っていた女縛師さんのサイトの話をしましたが、ついにそのサイトを見つけました^^


「和とみやびの緊縛館」
です。
http://www.art-bondage.net/


 内容は、蓬莱かすみさんという女縛師の写真館ですね。女緊縛師というほうが正しいのかな。
 プロフィールによると、彼女は名古屋で緊縛ショーも行っているとか。私のようなものは足元にも及ばないすごい人のようです。

 彼女の縛った女性の写真、どれも素敵なものばかり。女性が見たら私以上にそう思うと思います。

女縛師・静香 -飼育-

 前回紹介した作品の続編です。

 Vシネマなので、絡みシーンや緊縛シーンが決して多いわけではありませんが、ストーリーものなので、まあまあ楽しめると思います。

 ネットでも無料で見れるようです^^
 興味がある人は、個人的にご連絡ください。

h_088cftd320rpl.jpg

 
プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
191位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR