FC2ブログ

SM探偵団

 私がインターネットにお世話になった初期のころに利用していたサイトです。

 SMビデオ、AVの作品をピックアップして、内容の解説をしています。

 私が過去に見た作品が書いてあると、それだけ注目している人もいたのだなと、少し嬉しい気持ちにもなりました^^ 
 また、ここに書いてある作品を見て、私も見てみたいと思うこともありました。残念ながら借りることができても、家で見るタイミングがないので、それには至りませんでした。

 ふと思い立って「SM探偵団」を検索したら、まだ残っていましたね。掲示板はたまに活用されているようです。

 興味のある人は、一度お入りください。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

緊縛挿入での体位2

 昨日の記事で、私は騎乗位が好きであると述べましたが、その理由です。

 1.緊縛された女性の体の負担が一番軽い
 2.私の手が自由になるので、写真を撮りやすい
 3.私の体勢が楽


 昨日頂いたコメントの中には、「女性自身が動きやすいから、自ら快感を得ようと必死に動ける」のようなものもありました。なるほどです。


DSCF3324.jpg

緊縛挿入での体位

 緊縛しながらの挿入は、M女性にとって大いに刺激的な行為です。体の自由を奪われた状態で、男性のものを入れられるわけですので、とても被虐的な要素があります。それが一層体を反応させてくれるのですね。

 さて、その挿入時の体位ですが、私はいろいろな意味で騎乗位が好きなんです。
 その理由は3つあります。

 さて、何だと思いますか?


 また、皆さんならどんな体位を好みますか?


DSCF3319.jpg






 

緊縛での奉仕画像の自画撮り

 横からの様子を自分で撮る場合、画面が見れないですよね。

 ですから撮るときは、右手を横に伸ばし、大体の目安を付けて、当てずっぽうに何枚も何枚も撮るのです。

 もちろん見苦しい写真もたくさん残りますが、そこはデジカメのよいところ。悪いものは消して、よいものだけを残すことができます。

 そのおかげで、このような場でそんな写真を紹介できるのです。



DSCF3304.jpg



奉仕

 女性に奉仕させるのは男冥利に尽きる行為ですね。特に緊縛を施しての奉仕は。

 手が使える時は、男性自身を自分が咥えやすいように角度を変えて行うわけですが、縛られた状態ではそれはできません。咥えやすいように自らが体を動かして行うのです。

 そんな奉仕をする姿は、男性をもより奮えたたせてくれる気がします。



DSCF3300.jpg



鏡から目を逸らすM女性

 鏡の前に立たされたM女性は、恥ずかしくて自分の姿を見ることができません。そこで、私はその女性の頭をつかみ、顔をあげさせ、見るように促すのです。

 そうまでされると、M女性は自分の姿を見てしまいます。そしてその姿を見てさらに興奮します。M
女性は見るように仕向けられることを待っているのかもしれません。

 実際、写真の女性は、「鏡の前で責められるのが最高の刺激」だと言っていたようです。


 そうそう、あのときは鏡で見せるだけでなく、ローターも仕込んでいました^^;



DSCF3296.jpg

鏡を使っての羞恥責め2

 洗面所には鏡が付いていますが、ホテルによっては正面だけでなく側面にも鏡が付いているところもあります。

 そこに立たせると、鏡には正面に映った姿だけでなく、側面にも姿が映ります。
 いろんな角度で同時に自分の姿を映せるというのは、便利であり、ときには恥ずかしくもあります。

 特に恥ずかしい姿を映されたときは・・・


DSCF3298.jpg

鏡を使っての羞恥責め

 M女性を興奮させるスイッチはたくさんあります。前回は言葉責めについて触れましたが、羞恥責めもとても有効です。鏡を使って自分の恥ずかしい姿を見せる行為はその定番ですね。

 緊縛を受けた女性を鏡の前に立たせ、様子を見せながら服をはだけさせ、愛撫します。M女性は思わず目をそむけてしまいますが、頭を押さえ、その姿をしっかり見せるのです。

 そんな羞恥責めを受けながらM女性はどんどん性的興奮が高まっていきます。


DSCF3281.jpg

言葉責めは欲情のスイッチ

 タイトルの言葉は、以前「倒錯の世界への誘い」シリーズで紹介した女性の言葉です。その女性がお相手の男性に言った言葉を、男性が要約して作った言葉かもしれません。

 それにしても、「言葉責め」の効果を何と簡潔に、分かりやすく表した言葉でしょう。

 人と話をしていると、なるほど! と思う言葉に出会うことはよくあります。


DSCF3280.jpg
プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
191位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR