FC2ブログ

危険な愛体験1

 SMに興味を持つようになる女性の入り口は大きく二つあります。一つはネットサーフィン、そしてもう一つがレディコミです。レディコミは、少女漫画と同じような大きさ、厚さの雑誌で、書店でもおいてあることがあるので、女性は手に取りやすいです。逆に男性は手に取りにくいかも(汗)

 そんな見た目の雑誌ですが、中身はかなり過激です。でも、絵は少女漫画の漫画家さんが描くような繊細なタッチなので、画と内容に惹かれてしまうのだと思います。

 実は昨年、ほんとに○年ぶりにレディコミを買ってみました。本のタイトルは「危険な愛体験」です。以前このブログでも紹介したことのある雑誌で、SM中心の話の特集となっていました。


DSCF9648.jpg


スポンサーサイト
[PR]

福岡から来た緊縛願望を持つ女性37…最終話

 やがて彼女の熱も冷めたのか、現実を知ったのか、「もう諦めます」という連絡が来ました。その後、彼女からの連絡は途絶えました。

 私は、彼女に貸したSNSのプロフを自分のプロフに戻しました。

 彼女はSMの世界から姿を消したのでしょうか。それともいいパートナーさんと出会えて幸せな時間を過ごしているのでしょうか。今となってはそれもわかりません。

 いつの日か、ネットの世界でもいいので、彼女と再会したいものです。

 (本当に終…長い間お付き合いありがとうございました)


DSCF1453.jpg

福岡から来た緊縛願望を持つ女性36

 届いたメールの中から目ぼしいものを彼女に伝え、彼女に選んでもらいました。

 そして、彼女が話をしたいという男性に私から連絡をして、彼女と連絡が取り合えるように計らいました。

 でも、ちょっと彼女の理想は高すぎたようです。AVの奴隷秘書の話のようなシチュエーションのような会社や社長さんはそう簡単に見つかるはずもありません。

 それでも何週間かはいろいろ候補が浮かびましたが、結局は彼女の理想通りの男性は見つかることはありませんでした。


DSCF1449.jpg

福岡から来た緊縛願望を持つ女性35

 私は彼女を紹介するために、私のSNSプロフを貸すことにしました。

 って、彼女がSNSを持てばいいじゃん、とお思いでしょうが、彼女は携帯アドレスを持たず、私とSMSでやりとりをするような通信環境です。ですから、私が推奨するSNSの利用ができないのです。
 
 私は自分のプロフの写真やアルバムをすべて彼女のプレイ写真にしました。そしてプロフの中身もすべて彼女の言葉にして、完全に彼女のプロフに書き換えました。そして最後に一行、私が訳あってプロフを彼女に貸しているということも添えました。

 準備が整って、プロフ公開!

 するとあっという間にすごいアクセス数です。そしてメールもたくさん届きました。女性がプロフを出すと、こんなにも人が反応するんだなと今さらながらに思いました。


DSCF1444.jpg

福岡から来た緊縛願望を持つ女性34

 その後も彼女と連絡を取り合いましたが、彼女は緊縛プレイに味をしめたのか、こんな願望を持つようになりました。

 社長さんの秘書になって、飼育されたい

と。。。

 いわゆるAVに出てくる「奴隷秘書」です。

 私は、現実的には難しいだろうなとは思っていましたが、彼女は真剣に考えています。まして彼女はネットのお付き合いを越えた関係となったわけですので、無理かもしれないけど協力してみるか、という気持ちにもなりました。

 私は彼女を紹介するために、私のSNSのプロフを貸すことにしました。


DSCF1439.jpg

福岡から来た緊縛願望を持つ女性33

 朝は、私は出勤時刻を少し遅らせました。それでも空港まで見送る時間はちょっと取れません。ホテルで最後の挨拶をし、彼女と別れました。

 それから、彼女は自宅に戻るまで、節目ごとにSMSで状況を知らせてくれました。今度は無事に自宅にたどり着いたようです。よかった、よかった。

 それにしても、何という偶然が働いたことなのでしょう。うちの身内が病院に泊まることと、彼女が利用するはずだった飛行機が飛ばなかったことがちょうど重なってしまったことで、彼女と夜も過ごすという、願ってもない状況が生まれたのです。

 彼女との二日間は本当に忘れられない思い出となったのでした。

 (終)

DSCF1438.jpg

といきたいところですが、もうちょっと引っ張ります(汗)

福岡から来た緊縛願望を持つ女性32

 ラブホでなく、ビジネスホテルでの緊縛プレイもなかなか刺激的なものがあります。ただ、部屋が狭いので、ベッドの上での緊縛セックスが中心となりました。

 後手縛りにしてから、フェラ、挿入という形でプレイを流し、その後は縄を解いてのセックスとなりました。

 そのあとはいつのまにか寝てしまいましたが、時折目が覚めてはセックスを繰り返すというような感じで夜を過ごしました。現実なのか夢の中なのか・・・そしていつの間にか朝を迎えました。


DSCF1435.jpg



福岡から来た緊縛願望を持つ女性31

 私は急いで家に帰り、自宅に帰ったという形跡を作り、それからスーパーで買い出しをし、彼女のいるホテルに向かいました。

 彼女も私と再び会うことができ、喜んでいました。ひょっとしたらこのようなことになるかもしれないことは彼女にも話していました。そこで私は自宅から車で向かいやすいこのホテルを選んだわけです。また、部屋もシングルではなくダブルの部屋を取っていました。

 彼女にはお酒とおつまみ、それからこの時期の旬である新潟の美味しい苺「越後姫」を持っていきました。「越後姫」は果肉がとても柔らかいので県外には出荷されません。とても優しい甘さで食べたら病み付きになる一品です。彼女もとてもおいしそうに食べていました。余談になりますが、そのとき彼女に福岡の「あまおう」の話も聞いたので、後日食しました。「あまおう」のうまさもとても感動ものですね。

 お酒も飲んで、気分も朗らかになったところで、第2ラウンドを始めました。


DSCF1434.jpg



福岡から来た緊縛願望を持つ女性30

 九州の女性と会うことになった4月3日は、実は身内が検査入院をする日と重なっていました。もちろんこの検査入院が後から入った話なので、私はその時はとても焦ったものです。

 でも私は仕事に行くということでしたので、日中は特に問題はありませんでした。しかし、これがこのあとにも良い方向に転ぶことになるとは、その時は夢にも思いませんでした。

 私は彼女と別れたから、身内のいる病院に向かいました。そして18時過ぎから私が身内のそばに付き添うことになりました。しかし、3時間くらいして、私は翌日も仕事があるわけだから、家に帰っていいと言われたのです。

 そんな期待は持っていましたが、それが現実となりました。彼女とまた会う時間ができたのです。私は心が躍る思いでした。


DSCF1427_201501171824342e7_2015030110160030a.jpg


プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
146位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR