FC2ブログ

ネットで知り合った女性と出会う5

 待ち合わせの時刻は16時。その10分ちょっと前に私は梅田駅に到着しました。しかし、10分前到着というのは甘かった。駅の構内は広いし、人ごみがとてもすごいのです。何とか駅の外に出たものの、今度はどの方向に進めばよいかよくわかりません。
 
 とりあえず、目印の交番を見つけ、その位置を頼りにして目的地の店に向かいました。だが、ここでも大失敗がありました。地図の縦軸と横軸を間違えてみていたため、全く見当違いの方向に私は向かっていったのです。それでも、16時10分ごろにその事態に気付き、彼に連絡をし、目的地方向に向かいました。

 スマホのGPS機能を使えば、迷うことなく目的地に行くことができたのでしょうが、試みたことがなく、普通に地図を見て行ったのが敗因でした(汗)

 30分弱遅れたのち、ようやくその店を発見し、二人と合流することができました。


DSCF9661.jpg
スポンサーサイト
[PR]

ネットで知り合った女性と出会う4

 私は緊縛用の麻縄を4本カバンの奥に詰めて大阪に向かいました。事前の話では、ちょっと今回は無理という話だったので、無駄な荷物になるような気はしていたのですが、万一の場合も考えると用意してしまうのが悲しい性です。家の中に縄を置いておけない環境の中で、こっそりカバンに縄を詰め、旅に出るのはちょっと大変な労力があるのですが、それでも用意してしまうのです(汗)

 大阪に着いてから、会う予定の当日、午後4時に会いましょうという連絡が彼から届きました。緊縛は彼女の事情もあり今回はなし、という確認のもとに。ちょっと残念でしたが、予想していたことなので落ち込むことはありませんでした。そっちはオプションなので。

 彼は梅田のある店に予約を取り、そこで待っていると連絡が入りました。さて、約束の時間が近づいてきたので、私は時間に間に合うように梅田に向かいました。


DSCF9660.jpg

ネットで知り合った女性と出会う3

 私の思いというのは、「彼女を縛ってみたい」というものでした。

 緊縛のよさを感じつつも、今までそれを味わうことのできなかった彼女に対して、そのよさを体感してもらいたいという思いがあったからです。もちろん彼も立ち会って、彼に緊縛術(私ごときの大したことのない縛りですが)も教えつつの緊縛会を行いたいと考えていました。

 私は今回大阪に足を運ぶことになりましたが、今後そんな機会があるかはわかりません。ひょっとしたらこれが最初で最後かもしれないと思うと、そんな気持ちは強くなっていました。

 彼女や彼にも、そんな私の気持ちをメールで伝えつつ、旅の支度を整えていました。


DSCF9657.jpg






ネットで知り合った女性と出会う2

 昨年末、私は3月に大阪に行くことが決まりました。その日程を確かめてみると、ひょっとしたら大阪の女性にお会いする時間が作れるかもしれないことがわかりました。そこで、今年になってから、その女性と、お付き合いしている男性に連絡を取り、会う時間が取れないか調整を行っていました。

 彼女も彼も、私と会うことをとても楽しみにしているようでした。彼とは面識はありますが、彼女とは音声通話はあるものの、実際にお会いしたことはなく、顔もわかりません。でも、ネットやメール等でのやり取りで、お互いの人柄は分かっていますし、何よりも彼が私のことをよく思ってくださっているので、実現100%の約束された出会いが保証されているのです。

 初めてお会いする方とは、土壇場まで本当に大丈夫だろうかという一抹の不安があるものですが、それが全くないというのは、余計なストレスを感じなくて済むのでとてもいいものです。


DSCF9654.jpg


 でも、せっかく会うのですから…という思いが私の頭の中にありました。

ネットで知り合った女性と出会う1

 昨年8月から9月にかけて、緊縛願望のある女性と交流した記事を書きました。実際に交流したのは今から1年ほど前だったと思いますが、今も親しくさせていただいています。

 彼女はかつて緊縛経験がありました。しかし、その時に痛い思いをしたことがあったそうです。しかし緊縛SMの良さは忘れられず、パートナーを求めていました。そんな時私と知り合ったのです。

 私は、大阪にいる知人を紹介しました。その知人は同郷の方ですが、1度お会いしたこともあり、信用できる人物です。彼女とその知人は出会いを果たし、今もいい関係を続けています。

 その彼女と実際にお会いする機会が、この春生まれたのです。


DSCF9651.jpg




デリヘルにSMがない本当の理由

 昨年デリヘルについての記事をいくつか書きました。その中で、デリヘルにSMがない理由について、自分の考えを述べたのですが、全く違っていたことが分かりました。
 その時の記事は↓です。

http://ainawa2010.blog.fc2.com/blog-date-201411.html

 実はある方からメールをいただきまして、その本当の理由が分かりました。それはデリヘル嬢の安全上の理由だからだそうです。これがSMデリヘルに緊縛が無い理由です。


 もう少し具体的に説明するために、その方のメール内容を引用させていただきます。

『正解は、犯罪や違反行為に遭うことを未然に防ぐためです。
デリヘルは店舗型の風俗店と違い、お客さんのテリトリーの中に嬢が単独で行くことになります。
~中略~
実際、デリヘル嬢が客の部屋で犯罪や違反行為に遭うケースは他のタイプの風俗店より多いんです。
そんな状況下で嬢が手足を拘束されて動けなくなるというのは危険極まりなく、一般的にはとてもさせられません。
これがSMデリヘルに緊縛が無い理由です。』


 うんうん、なるほど。と納得する理由ではありませんか。ちなみにメールの主は、デリヘルの店長という経歴のある方ですので、間違いはありません。私は女性の不安を排除するように心がけてSM行為をしているので、そちらに考えが及びませんでしたが、その方にもズバリ指摘されました(汗)

DSCF9649.jpg
 

ある日のテレビ番組欄に

つい反応してしまいました(汗)

中毒症状だなあ。。。


「とび」じゃなくて「○○」だったら録画したのに。。

1504111.jpg


危険な愛体験3

 さて、今回購入した「危険な愛体験」は980円でした。漫画雑誌にしては少々値段が高いように思われます。しかし、そこにはおまけのDVDがついていたのです。私はある方へのプレゼントとして買ったのですが、DVDの包装をはさみで切り取り、内容も確認してしまいました(汗)

 そのDVDには、SMもののAVが3本分収録されていました。1本目は会社の女社長が、仕事の失敗を責められることをきっかけに部下に押さえつけられ、緊縛SMを受けてしまうというもの。あと2本はちょっと忘れてしまいました。

 以前の「危険な愛体験」にはDVDはついていませんでしたので、今どきの雑誌はすごいなあと、改めて感じました。

 レディコミは女性が買いやすく、SMの世界を知る絶好のツールです。その内容はちょっと過激ですが、実際は安全安心にできる機会は数多くあります。このような雑誌をきっかけに興味を持つ人が増えるといいですね。


150405_20150328221419a4f.jpg

危険な愛体験2

 なぜ、私がレディコミを買ったかというと、ある女性にプレゼントするためだったのです。その方とはネットで話をして、長くお付き合いさせていただいています。性癖以外でも共通することがあり、親しくさせていただいています。その方とちょっと出会う時間が取れたので、お土産に持っていくことにしたわけです。

 せっかくだから、自分も一読してから渡そうと思い、事前に内容のチェックをしました。話は10本くらい載っていたでしょうか。全てではありませんでしたが、中には実話に基づいた話もありました。内容は過激すぎて忘れてしまいました(汗)が、罠にはめられてSMに染まっていくような話もありました。現実にこんなことは果たしてあるのだろうかとも思いましたが、とても興味深い内容でした。皆さんもぜひ一度はご覧になってみてください。


1504041.jpg


プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3575位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
177位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR