FC2ブログ

中国式緊縛

 皆さんは、中国式緊縛という言葉を知っていますか?

 私はつい最近知りました。知人から、中国式緊縛を頼まれたけど知っていますか? と聞かれたのです。

 サイトを調べると、中国式緊縛の動画はいろいろあるようです。

 腕の縛りが結構特殊な感じですね。中国人というと、とても体が柔らかいイメージがあります。もう少し調べてみることにするかな。

china01.jpg


スポンサーサイト
[PR]

ブロ友さんとの再会9 -最終話-

 最後に彼女と記念写真を取らせていただき、店を後にしました。もちろんただのツーショット写真です(汗)

 前回は短い時間で、慌ただしかったので、そんな写真を取るチャンスもありませんでしたしね。このとてもいい思い出です。

 店を出てから、地下鉄で上野駅までご一緒。彼女はそこから別な路線に乗り換えをします。私達はそこで握手をし、お別れしました。

 その後、彼女も自身のブログで今回の記事を書いてくれたようです。嬉しいような恥ずかしいような。この記事を書くことで、そのお返しをやっとすることができました^^

 短い時間でしたが、とても楽しかったです。本当にありがとうございました。

※ 画像は本文とは関係ありません。ご了解ください。



DSCF9698.jpg

ブロ友さんとの再会8

 彼女の彼氏もまた、私のブロ友の一人です。もちろん彼女繋がりです。いつか3人でオフ会をしたいものです。彼氏とは私はお会いしたことはありませんが、彼のブログを拝見すると、とても紳士的なイメージがあります。彼女が彼の優しさや人柄に惚れ込んで、何年もお付き合いしている方なので、きっと素敵な男性なのだろうと思います。3人で会うためには、いろんな条件が重ならないと難しいかもしれませんが、いつかは実現したいですね。

 ちなみに彼は滅多に彼女を縛ってあげないようですが、一度ブログで彼女の緊縛写真を拝見した時、なかなか丁寧にしっかりと縛るなあという印象を持ちました。3人で緊縛会をするのも楽しいかもしれません。

 などと話をしている間に、時間はあっという間に9時を回り、店の客は我々だけになりました。

※ 画像は本文とは関係ありません。ご了解ください。


DSCF9697.jpg

ブロ友さんとの再会7

 前回と違って、今回はお酒を飲みながらゆったりと、しかも周りの目も気にせず話すことができるので、とてもよかったです。私は、酒は普段はあまり飲まないのですが、この日は結構飲んだような気がします。暑かったからということもあるのでしょうか。

 彼女は私と初顔合わせをしたころから、仕事に就くようになり、現在も順調に現在も続いているとのこと。仕事も順調、彼氏との関係も順調のようで、とても幸せそうでした。私は、自分の緊縛体験でのエピソードをいろいろ話しました。普段こんなことを人に話す機会ってあり得ないですが、同好の士が集まるオフ会というのは、そういう意味でとても良い会なのだと思いました。

※ 画像は本文とは関係ありません。ご了解ください。

DSCF9694.jpg

ブロ友さんとの再会6

 彼女は私よりも一つ年上です。ということはそれほど若いというわけではありません。しかし、とても美人で素敵です。今流行の言葉で言うならば「美魔女」という言葉がぴったり当てはまります。そんな方とご一緒させていただくと思うと、とても緊張してしまうものですね。

 店に入ると、通路の両脇に部屋がいくつかありました。さすがに通路を挟んだ向かいの部屋の声が全く聞こえないわけではありませんが、どの部屋も談笑しながら過ごすわけなので、話を聞かれて困るということもありませんでした。

 この日も東京は大変な暑さでしたが、出された料理は鍋料理です。実は鍋料理を注文するなら、個室が用意できるということでした。暑い日に熱いものを食べるのは体にもいいことですなどと、話しながら、まずはお互いの近況報告をしました。

※ 画像は本文とは関係ありません。ご了解ください。


DSCF9691.jpg

ブロ友さんとの再会5

 店を探す際に、彼女は施設面である条件を考えていました。
それは個室になっている部屋があることです。なぜなら私たちが話す内容と言えば、SMの話題が出てきます。テーブル席で隣や前後に人がいるようでは、そんな話もしにくいわけですからね。

 そんなところにも、彼女の慎重でしっかりした一面が伺えます。

 私の仕事が長引くことも考え、彼女は18時半に待ち合わせ時間を設定してくれました。そういう時間の配慮もさすがです。定刻の少し前に念願の再会を果たすことができました。

※ 画像は本文とは関係ありません。ご了解ください。

DSCF9688.jpg

ブロ友さんとの再会4

 ブロ友さんとの出会いの場は、浅草の鍋料理の店でした。私が浅草に泊まることを告げていたので(実際は勘違いで浅草ではありませんでしたが)、そこで彼女に店を予約してもらったのです。

 惜しむらくは、浅草名物のドジョウ鍋が食べられる店がよかったということを、あとで知らされました。彼女は、最初浅草名物であるドジョウ鍋や麦とろの店を探してくれたようです。あと沖縄料理の店も。
しかしながら、私からの連絡が前日夜遅くでしたので、必然的に店探しは当日の予約になってしまい、さすがに当日ではどの店も満杯で入ることができなかったということです。次回はもっと早く彼女に伝えねばと思った次第です(汗)

 また、店を探す際に、彼女は施設面である条件を考えていました。それは一体どんな条件だと思いますか?


※ 画像は本文とは関係ありません。ご了解ください。





DSCF9686.jpg

ブロ友さんとの再会3

 前回は浅草のスタバで彼女と会いました。その時間はわずか1時間。しかも、浅草にはスタバが2件あり、お互いに違う店に向かうハプニングもありました。しかし今回は違いました。彼女が私との夕食をするために、店を予約してくれたのです。そしてその店を案内するURLを教えてくれたので、間違いなくその場所に向かうことができました。

 そういえば、大阪で知り合いと会ったときは、店の名前と場所だけだったし、梅田は初めての場所だったから迷ったよなあということを思い出しました。でも、今回は雷門を基準に、位置がはっきり把握していたので迷う心配はありません。会議が終わり、私は待ち合わせの店に向かいました。

※ 画像は本文とは関係ありません。ご了解ください。


2015091206422103a.jpg

ブロ友さんとの再会2

 私のスケジュールがはっきりわかったのが直前だったので、彼女に連絡をしたのは東京へ行く前日でした。ですから、彼女の都合もあるでしょうし、お会いできるかどうか微妙に感じていたのですが、翌朝彼女からの連絡を見ると、嬉しいことに当日は予定がないので会えるということでした。

 で、新幹線に乗っている間、彼女とお会いするための相談をしました。前回は午前のわずか1時間しかお会いできませんでしたが、今回は夜にゆっくりと食事ができる時間が取れそうです。出張の東京行きが、とても楽しい時間になると思うと、とてもわくわくした気持ちになりました。

※ 画像は本文とは関係ありません。ご了解ください。




DSCF9684.jpg

ブロ友さんとの再会1

 2年半ほど前、東京に出張があった時に、あるブロ友さんと出会いました。彼女はネットで知り合った男性と婚外恋愛の関係になり、その男性に緊縛をしてもらったことから、緊縛に魅了された方です。その方と知り合ったのはさらに何年か遡ります。当時私が出していたYahoo!ブログをきっかけに、緊縛の興味を持つようになった彼女が訪れるようになり、それから彼女とブロ友になったのです。

 彼女は現在も婚外恋愛の彼氏と幸せな時間を過ごしています。時折彼女のブログを覗くと、その幸せな様子を見ることができました。しかし、事情があり彼女のブログはいつしか閉鎖し、私のブログも削除され(?)、しばらく彼女との交流は途絶えていました。

 そんな折、久々の東京への泊りがけの出張が決まりました。私は、スケジュールによっては、また彼女と会えるかもしれないと思いました。

※ 画像は本文とは関係ありません。ご了解ください。

DSCF9679.jpg
プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
146位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR