FC2ブログ

M男さんを緊縛10

 彼女は他の男性とのSプレイ経験はあるようですが、私はS女プレイを見るのは初めてです。だから虐められる側のM男さんよりも、虐める側の彼女のプレイの様子を興味深く見守っていました。

 AVでは、レズプレイでのS女さんの様子は見たことはありますが、彼女は華奢で可愛らしい感じなので、いわゆる「女王様」のような雰囲気はありません。どちらかというと「いたずらっ子」のような雰囲気で、M男さんの反応を楽しみながら遊んでいるという様子でした。

 そのうち彼女は、M男さんがあることをすると反応することに気付きました。


DSCF1349.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

M男さんを緊縛9

 部屋に入ってから早速M男さんにパンツ1枚になってもらい、彼女の緊縛作業が始まりました。しかし、私も彼女に教えたのは1度だけでしたし、それから何か月も間が空いていました。なかなかうまく縛ることができません。そこでさっそく私が手助け。そうなることは、何となく分かってはいましたが、ついに訪れたなという感じでした。そしてこの時、私は生まれて初めて(上半身だけですが)裸の男性を縛るという体験をしたのです。

 彼も緊張気味でしたが、彼も緊縛を受けるの初めての体験でした。満足はしてくれたかなと思います。

 彼女は他の縄を鞭代わりに、M男さんの腹や「男性自身」を打ち始めました。彼女は彼の様子を観察しながら、行っていました。

DSCF1348.jpg

M男さんを緊縛8

 約束の時間の30分後、ようやく彼女がやってきました。来るまでの間も、状況はメールで入っていましたし、彼女とは数回お会いしたこともありますので、こちらの心配はありませんでした。しかし、プレイ時間が少なくなってしまうだろうなあという懸念はありました。まあ、今回に限っては、私にはどうでもいいことなのかもしれませんが。

 それから、私がよく利用するホテルに3人で向かいました。助手席にS女さん、後部座席にM男さんが乗りました。ホテルの前に来たら、M男さんにはある動作を取ってもらいました。3人で向かう時はお約束の儀式です(謎)

 お目当ての、広い部屋の場所は運よく空いていたので、そこに車を入れ、私達は部屋に入りました。いよいよM男さんとのプレイが始まります(汗)

DSCF1346.jpg

M男さんを緊縛7

 大体待ち合わせをするときは、私が先に来ます。そして相手はどういう人なのだろうとか、本当に来るのだろうかとドキドキしながら待つのですが、今回は後者の心配はしていませんでした。ただ、前者の心配はとても持っていました。

 なぜならその男性とはメールのみのやり取りで、写メ交換すらしていませんでしたので。ただ、メールはすぐに返事を返してくれ、本当に熱望している感じが伝わっていたので、悪い印象は持っていませんでした。でもどんな人なのだろう。そのドキドキ感はずっと持っていました。

 と、私の隣にボックスタイプの黒い車が停車しました。会う直前に携帯番号を知らせたので、それでその車の主が彼と判明。ついに対面を果たしたのです。

 彼は、私より背は低いものの、日焼けしていて体格のいい感じの若い男性でした(年齢などは既に聞いてはいました)。そんな風体なので、とても体調不良には見えませんでしたが、やっぱりまだ調子は悪いということでした。

 あとは彼女の登場を待つだけです。まずはそれぞれの車に待機し、彼女が来るのを待つことにしました。

DSCF1344.jpg

M男さんを緊縛6

 夕方4時頃、彼女に今回は彼の体調不良で会うのはキャンセルという連絡を入れました。彼女は私の話を受け、「またの機会に」と返してきました。

 しかし、それからそれほど時間が立たないうちに、事態はまた少し変わりました。彼から体調が少し回復したので、お会いできるという連絡が届いたのです。このときの私の心境は、天国から地獄、そしてまた地獄から天国に生還したような感じでしょうか。そこまで大げさなものではありませんが(汗)

 私もてっきりこの日は無理だろうと判断し、やるべき仕事を追加していたので、最初の約束の時間には間に合いません。で、夕方6時を提案しました。彼の返事はそれでいいということでした。そこでまた急遽彼女に連絡をしました。彼女も彼の体調を心配していましたが、この日を逃したらいつ次の機会があるかわかりません。予定通りの1時間遅れの待ち合わせということに落ち着きました。

 仕事を終え、私は待ち合わせ場所に向かいました。どうやら待ち合わせ場所には一番乗りのようでした。


DSCF1343_20150920160513247.jpg

M男さんを緊縛5

 3人で会う日になりました。時間は夕方5時頃。ところが、その日の昼に彼からドタキャンの連絡が入ったのです。

 彼は軽い熱中症になり、病院にいるとのこと。だから今日はとても無理なのでお会いすることができないというものでした。この一報を受けたのが昼の話です。で、実はその前日から彼からそれをうかがわせる連絡が入っていました。

 彼は今回の緊縛の際に、彼女からアナルプレイを受ける予定でした。で、アナルプレイを受ける準備として浣腸をすることになっていたのですが、前日彼から私に、体調が優れないので浣腸はNGにしてほしいと連絡があったのです。

まさかこれほどまでに悪かったとは。。。

さすがに2回目のドタキャンなので、さすがに私もちょっとがっかりした気持ちになりました。

DSCF1337.jpg

M男さんを緊縛4

 日にちを決めるのは意外と難しい作業です。私も立ち会うので、3人の日程がうまくかみ合わないといけません。まずは“S女性”の彼女の都合のいい日を聞き、その日が、私が大丈夫なことを確認してから彼に伝えました。

 いよいよXデーが決まったと思ったら、彼女が急に仕事が入ったということで、1日前に予定は延期となりました。なかなか実現は難しいものです。これが私とM女さんとの約束だったとしたら、どんなにやきもきとすることでしょう。でもそうでないのが今回のミッションです(汗)

 いろいろやりとりがあった末、最初の約束の日から10日後に3人で会う日が決まりました。でも、またその当日にまたしても問題が起きたのです。そしてその兆候は実はその前日に起こっていたのでありました。


DSCF1336.jpg

M男さんを緊縛3

 実は依頼の男性は、あるS女さんに調教を受けた経験があるということでした。そのS女さんとはある事情で最近はプレイできない状況になり、それで彼は私に連絡をしてきたわけです。ですから、彼は私の代わりに女性が縛ることについては、特に困ることもなく、すぐに了解してくれました。

 まずこちらは大丈夫。

 さて、次です。

 知人の“S女性”に連絡をしてみました。こちらもOK。興味あるということで前向きに受け止めてくれました。

 双方の了解が取れたところで、いよいよプレイの日を決めることになりました。


DSCF1335.jpg

M男さんを緊縛2

 その解決策とは、私の知っている方に、私の代わりに縛ってもらおうというものです。その方は女性です。かつて私の緊縛を受けたことがあるのですが、S女プレイを最近は愛好しているようで、私は彼女に縛り方を教えたこともあるのです。

 私が縛るのはちょっと気が乗らないけど、彼女に私の代わりに縛ってもらうのはどうかなと考えました。

 でも、これは私の一存では決められません。彼女と、依頼の男性の両方に了解を取らねばならないわけです。ということで、両者にそれぞれ打診することにしました。


DSCF1334.jpg

M男さんを緊縛1

 私にある方からメールが届きました。その内容は私の緊縛プレイを受けてみたいというということでした。通常なら喜ぶべきところでしょうが、今回はちょっと違います。なぜなら、相手の方はM男性だったのです。

 私は女性専門に縛ってきました。なぜなら緊縛した時の女性の姿、厭らしさや美しさを含め、そんな姿に魅了されてきたからです。実は一度だけ男性を縛ったことがありますが、それは緊縛を愛好する友人に縛り方を教えるという意味で縛ったわけですので、今回のこととはまるで状況が違います。

 といって無下に断るのもなあ~。

 と思案しているうちに、一つ解決策を思い付きました。その解決策とは?


DSCF1332.jpg





プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
191位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR