FC2ブログ

そのM人妻は、掲示板で緊縛調教を志願した5

 スマートフォンが普及したおかげで、現在はどこでも手軽にネット環境を得ることができます。SM願望、緊縛調教願望に火がついた彼女が、それを叶えるための入り口を探すのは難しくはありませんでした。ついに彼女はある募集掲示板に、自分の願望を書き綴り、志願したのです。

 その掲示板は、私も以前から注目していました。しかし、そこの掲示板の書き込みは、女性の書き込みに関しては、サクラとしか思えないものばかりでしたので、彼女が『本物』のM志願の女性なのかは半信半疑でした。

 しかし、何もアクションをしなければ物事は進みません。とりあえず私は掲示板に書き込みをしました。すると、ほどなく彼女から連絡が来たのです。


DSCF1364.jpg
スポンサーサイト
[PR]

そのM人妻は、掲示板で緊縛調教を志願した4

 彼女のSM願望に火をつけたきっかけは、旦那さんのある行為でした。彼女がレスということは旦那さんもレスである可能性が高いわけですが、旦那さんの性欲が絶頂に達していたのでしょうか。ある夜、突然襲ってきて、前戯もそこそこで、無理やり挿入。
そして、勝手に一人で果て、彼女に背を向けて眠りにつきました。彼女は悲しくて、涙で枕を濡らしたそうです。

 しかし、その行為は、彼女のM性を呼び起こしました。幼いころの記憶が突然よみがえったのかもしれません。

 悲しみにくれ、愛さえ感じられなくなった彼女は、緊縛調教されたいという気持ちが強くなり、今の自分を縄で包みこんでくれる人を求めるようになりました。そうなると、彼女は気持ちがすぐに向かってしまいます。自分を緊縛調教してくれる人はいないだろうか。彼女はそんな相手を探し始めました。そして、募集することができる掲示板を見つけたのです。


DSCF1362.jpg

そのM人妻は、掲示板で緊縛調教を志願した3

 SM願望を持つ彼女は、20歳の頃一度緊縛SMを経験しました。
以下は、彼女の言葉です。
----------------------------------------------------------------------------
20才頃… テレクラで会ったおじさまから、ホテルで緊縛を受けました。
亀甲縛りをされ、縄先を柱!?にくくりつけられ、放置…
その間に、その人はお風呂へ…
私は、一人で感じてしまっていました。
上がって来て、ベットへ投げ出され、いっぱい辱めを受けました…
その後、何回か彼から連絡がありましたが、自分があまりにも縄に敏感だったコトに戸惑いと、怖さが先行して、着信拒否し続けて、自然消滅に…
----------------------------------------------------------------------------
彼女の強い願望が、想像以上に強い性的興奮を与えたので、彼女は自分の反応に戸惑い、以後SM行為を封印してしまったのかもしれません。


 そんな彼女も適齢期になり、結婚をしました。しかし、結婚後は何故かレスになってしまったそうで、10年以上それが続きました。その彼女が、旦那さんとのある出来事をきっかけにして、再びSMの扉を開くことになったのです。


DSCF1360.jpg

そのM人妻は、掲示板で緊縛調教を志願した2

 彼女がSMを初めて目にしたのは、何と小学生の頃でした。友達の家で偶然見つけた緊縛の写真集を目にして、惹きつけられたそうです。その時、彼女はどんな思いで写真集を見ていたのかはわかりませんが、その記憶が引き出されて、SM願望に火をつけたのは間違いありません。

 彼女はかなり早熟だったようです。初体験は中学生の頃だそうで、それを皮切りに、男性経験を繰り返したようです。男性経験数は普通の女性ではありえない人数だと思います。そんな中で唯一緊縛SMを経験したことを、彼女は私に話してくれました。その告白内容は次回にお話します。

DSCF1358.jpg

そのM人妻は、掲示板で緊縛調教を志願した1

 SM願望を持つ女性は多いです。もともと女性はM性を大なり小なり持ち合わせていますので、SMを目にしたときに、それに惹きつけられ、きっかけとなる場合が多いのです。

 では、既婚女性がSMに目覚めるのはどういうケースが多いでしょうか? 恐らく、夫婦の営みに満足できず、刺激を求めていくうちにSM行為をネットで目にした、という場合が圧倒的に多いのかと思います。

 さて、今回登場する女性は、どのような経緯で緊縛調教願望を果たしたのか。今日からの連載にしばらくお付き合いください。


DSCF1357.jpg

緊縛願望を持つデリヘル嬢  番外編

 以前特集記事で紹介した、緊縛願望を持つデリヘル嬢さん。お店を辞めて半年近くたちました。彼女とプレイした直後に彼女は、自分のことを記事にしてほしい、お店も紹介してほしいと言っていたのですが、それをする前に退店されてしまったので、紹介はしないでおきます。

 ただ、県内のデリヘルナビの雑誌は、今年度版なので、未だに彼女が紹介されています。ラブホに行くとそんな雑誌が置いてあるところもありますので、探すことができるかもしれません^^


DSCF4538.jpg

ネットで知り合った女性と出会う  番外編

 春に大阪に行った時、ネットで知り合った女性と出会った話を、ブログの記事に書いたことを、覚えている方もいらっしゃるかもしれません。その女性と、愛人の男性と3人で大阪の串揚げの店で会食をしました。

 その会食を終え、彼女と別れてから、愛人の男性と2次会に行きました。彼は、私と同郷で新潟の方です。そんな彼が、私を連れて行きたいと言って用意していた店が、「新潟ぽんしゅバル・お越しや」という居酒屋でした。確かその時は半年限りの営業で、3月いっぱいで店は閉まるということだったので、わりと閉店間近の来店でした。

 彼は新潟に戻ることは滅多にないので、新潟の酒や肴を口にしながら、新潟を懐かしむ感じでとても満足そうでした。新潟のよさをアピールするには本当にいい店ですね。

 そんな店が、10月に期間限定で復活しました。という記事が、新潟日報に載っていました。記事を読みつつ、春に彼らと会った時のことが懐かしく思い出されました。


20151101_154229.jpg

NHKで緊縛??

 知人から話を聞いて、「びっくりポン」と驚いてしまった私。その内容は以下の通り。

 9月に放送された「NHKドキュメント72時間」、東京ビックサイトのコミケを特集していたそうです。コミケはオタクの巣窟なのですが、そこで一番インパクトがあったのは、群がるオタク達ではなく、そこで警備員をしていた一人の40代の女性。

 その女性は、そこに集まるオタク以上にマニアックな女性だったのです。

 なんと彼女の趣味はロープワークで、来年はスペインでショーをやること。ロープワークというのは古典緊縛とのこと。エロ抜きで縄だけを見せると言っていたらしい。

 よくも偶然にしてこのような方にインタビューができたものです。恐るべしNHK!

 縄だけを見せるというのは、当然緊縛を見せるわけですよね。スペインで緊縛ショーかあ。スペインじゃなくても、私も一度見に行ってみたいものです。


DSCF1355.jpg

M男さんを緊縛13 -最終話-

 最後は、ソファーで休憩しながら、今日のプレイを振り返りました。M男さんの体調面が心配でしたが、ハードなプレイは彼女も控えていたので、とりあえずは大丈夫でした。M男さんは、緊張していたのか、口数は少なかったですが、まあまあ満足していたかな。

 私的には、AVで見るような感じの、厳しいプレイも見たかったような、そこまでは見たくないような…、微妙です(汗) でも、S女プレイは生まれて初めて拝見したので、間違いなくいい経験であったと思います。そしてS女さんの彼女はどう思ったのでしょう? それはちょっと秘密にしておきます^^;

 また、機会があったらこのような形ですが、参加しようかな。県内のM男さん、いらっしゃいましたら気軽にお声掛けください^^


DSCF1354.jpg


M男さんを緊縛12

 その後の私の役割は、プレイごとに緊縛をして、彼女のプレイの準備をすること。プレイ中に「○○してみたら」などと助言(?)をするくらいでしたでしょうか。

 プレイの終盤には、彼女が自らM男さんの男性自身を縛って、引っ張りまわすようなこともしました。

 彼女は、私にもその様子を至近距離で見せたがっていたようですが、そんな状態の男性器を観るのは、生理的に受け入れがたかったので遠慮しました(汗)

 こうして、私にとって何とも不思議である意味刺激的な時間は幕を閉じました。

DSCF1352.jpg
プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
146位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR