FC2ブログ

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 4

 ホテルは12時から、という予約を取り付けたので、その前に私達は待ち合わせをすることになります。ホテルから逆算すると11時45分というところでしょうか。

 ちょうどお昼時になります。そこで、私は、せっかくだからお昼にいいものを買ってきてあげようと考えました。その時思い付いたのがお寿司です。

 実は待ち合わせ場所の近く(でもない?)にオープンしたばかりの鮮魚店があり、そこでお昼に寿司セットが販売されていることを、テレビの情報で知っていました。何と8貫350円、12貫500円! 

 これはお得です。私は待ち合わせ時刻からさらに逆算して、その店に向かいました。時刻は11時30分。

 しかし、予想だにしなかったアクシデントが待ち受けていたのです。


DSCF1526.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 3

 彼女はスマホで検索して、ホテルについてかなり詳しく調べ上げていました。そのホテルは思いのほか安く、しかもフリータイムは長く利用できるので、条件的には申し分ありません。

 ただしSMルームは2部屋しかなく、そこが塞がっていたら、そこまで足を運ぶ意味が半減してしまいます。

 しかし、彼女は何と利用する前に、電話で空き状況を確認し、予約まで取り付けてしまったのです。彼女の熱意には全く頭が下がる思いでした。

 こうして、SMルームでのプレイ計画は着々と進むことになりました。

DSCF1525.jpg

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 2

 新潟市にあるSMルームのあるホテルは1か所しかありません。私もはるか昔に利用したことがあるので知っています。その時は、磔の手枷のマジックテープ部分が緩く、すぐに外れてしまい、興ざめをした記憶があります。その一件以来私はそのホテルを利用してきませんでした。ですから、最初はあまり乗り気ではありませんでした。

しかし、今回は彼女からの提案です。彼女のさらなるMの欲求を満たしてあげたい気持ちはありました。それに、前は磔が粗悪でしたが、何年かのうちに修繕されているかもしれません。いや、修繕されているに違いない! そう思ったので、私は彼女に「そのホテルでプレイしましょう」と返事をしました。


DSCF1523.jpg

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ  1

 昨年ブログで連載したのを覚えていらっしゃる方も多いでしょう。緊縛調教志願のM人妻との絡みの続編です。

 彼女とはあれから数回お会いしました。彼女も段々とM性に磨きがかかり、恥ずかしい責めに悦ぶM女へと変貌していきました。

 ある日、そんな彼女がSMルームのあるホテルでのプレイを希望したのです。さて、どんな展開になるでしょうか。このシリーズもお楽しみください。

DSCF1519.jpg

3Pっていいもの? 4

 このように書いていると、3Pってよくないじゃないかと思われるかもしれません。3P愛好者には逆に叱られるかもしれません。そこで、3Pのよさを今度は考えることにしましょう。

 あくまで私見ですので、違う考えの人はご容赦ください。

 私が考えるよさとは、1対2の構図でより淫らになる女性の姿を見て興奮できることです。1度に2人の男性を相手にするのですから、女性は感じ方が倍増します。そんな女性の姿は、きっと男性の性的興奮をも大きく刺激してくれることでしょう。

 このように女性のより淫らな姿を見ながらプレイができるのが、3Pのよいところなのかと思います。



DSCF1514.jpg

3Pっていいもの? 3

 さて、私のトラウマはさておき、3Pを客観的に考えてみるといかがでしょう。3Pの基本的構図は、男性2人、女性1人です。となると、女性1人を男性2人が同時に相手をするわけです。例えば男性1人が女性の胸を触り、もう1人がおマンコを刺激する。女性が挿入されながら、もう1人の男性の男根を咥える。が考えられます。

 3Pは女性にとってはとても刺激的ですが、男性は半減とまではいかないまでも、女性にしてもらうサービス面は、1対1よりは劣るのではないでしょうか。片方に集中すれば、もう片方はおざなりになるでしょうし。

 その点が、3Pは必ずしもいいものではないのでは、という考えの根幹にあるのです。

 もう少し続きます。


DSCF1517.jpg

3Pっていいもの? 2

 私は過去に3Pで苦い思い出があります。かなり昔の話ですが、あるカップルさんの女性を縛った時のことです。愛人の彼が、「彼女をMにしてほしい」と依頼してきて縛ったのです。しかし、彼女はMでも何でもなく、縛っても全然興奮する気配がありませんでした。

 その後3Pが始まりましたが、私が彼女を嬲っても彼女は反応を示しません。しかし、彼が嬲るととても反応するのです。そんな様子を繰り返すうちに、私はつまらなくなり、途中で退室したのでした。

 そんな苦い思い出が、3Pに対してトラウマになっているのかもしれません。


 まだまだ続きます。


DSCF1513.jpg

3Pっていいもの? 1

 そんな質問をある知人から受けました。

 私はちゃんとした3Pの経験はありません。カップルさんの女性とのプレイの途中で少し加わってもらったことが2回ほどある程度です。まあ、それが3Pといえる部分ではあるのだろうと思いますが、純粋に3Pをしたとは言い難い経験です。

 純粋な3Pをしていたら、感想は違ってくるかもしれませんが、現時点でのそのわずかな経験で感じているのは、「うーん、3Pはそんなにいいものでもないなあー」です。

 その理由は次回にお話します。


DSCF1512.jpg

エロへの目覚め2

 前回の記事で、エロ漫画雑誌を見たことが、私の今の原点だったかもしれないと書きましたが、やはり資質があったということもまた確かなことだと思います。資質がなければ、エロ漫画雑誌を見つけても、過剰に反応することはなかったかもしれないからです。

 で、私はやはりエロの資質があったと思われます。それを証明するのが、親から聞いた話。私は小さい頃に親にデパートに連れて行ってもらったことがあるのですが、その時に女性ばかり眺めていたそうです(汗)

 女性のどこを見ていたのかでは解りませんが、小さいころから女性に興味があったということは間違いないようです。

DSCF1511.jpg

エロへの目覚め

 「話をすると、ブログネタは生まれやすい」の記事を公開した日に、私に問いかけてきた方がいらっしゃいました。早速新たなネタができました。ありがとうございます。

 その方の質問は「ノーマルだったころの忘れられない思い出はありますか。エロネタで」というものでした。

 私がSMに興味を持ち始めたのは中●生だったので、それ以前と限定されることになります。つまり小●生の頃です。と考えると・・・あった、あった、ありました。忘れられない思い出がおぼろげに。

 その思い出は以下のものです。


 私は小●生の頃、両親が共働きだったので、知り合いの家に預けられていました。その家の息子さん(私よりも10歳以上年上で、当時すでに社会人)が、エロ漫画雑誌を買って部屋に置いていたのを偶然見つけました。私は、それをドキドキしながらこっそり見た記憶があります。雑誌の内容は覚えていませんが、雑誌の表紙に描かれている女性の絵のなまめかしさは、何となく覚えています。


 この経験が、私の今の原点だったのかもしれません。

DSCF1510.jpg
プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
191位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR