FC2ブログ

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 16

 その洗濯ばさみは、木製のもので、100均でも売られています。一般的な洗濯ばさみよりも挟む場所が広いので、その分挟む力は優しいかもしれません。普通の洗濯ばさみはかなり痛いです。

 また、木製洗濯ばさみは、肌の色に似ていますし、木でできていて和のイメージがあります。ビジュアル的にもクリップ責めには向いているような感じがします。

 さて、私は彼女の乳首、そしてラビアへと次々に洗濯ばさみを取り付けました。

「あうっ、ん・・・」

一挟みごとに、彼女は何とも言えない声を発していました。


DSCF1545.jpg
スポンサーサイト
[PR]

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 15

 実は彼女に、洗濯ばさみを持ってくるように事前に告げていました。つまり、彼女は自分の用意した道具で責めを受けるわけです。

 洗濯ばさみによるクリップ責めは、彼女にとっては初めてのものですが、洗濯ばさみを持ってくるよう言われれば、それを何に使うのかは容易に想像がつくことでしょう。クリップ責めを告げられた時の彼女の心境は、どんなものだったでしょうか。

 私は彼女に洗濯ばさみのある場所を聞いてから、それを取り出しました。


DSCF1544.jpg

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 14

 股縄歩行の次は、苦痛責めをすることにしました。彼女はスパンキングをされると、反応よく感じてしまうことを知っていました。過度な痛みは難しいものの、軽い痛みを伴うプレイなら、十分反応してくれるだろうと思ったからです。

 まずは彼女に亀甲縛りを施し、手首を上に持ち上げた状態で縛り、最初に使用した柱に拘束しました。両腕を上げて、「気を付け」の姿勢になって固定された形になります。

 いよいよ準備ができました。これから洗濯ばさみによるクリップ責めが始まります。


DSCF1543.jpg

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 13

 部屋に張った縄に作った結び目は、コブと呼ばれています。女性がこの縄をまたいだ形で歩けば、秘所に縄が擦れます。それだけでも刺激があるのですが、コブを通過するときは、秘所にコブが食い込むように擦ってくれるので、その刺激はとても強くなります。

 私は過去に数回股縄歩行をさせたことがありますが、その時の女性の様子を見ると、コブを通過するときには、腰が曲がり、そこから先に進めないくらい感じていました。

 そして、彼女の様子もまさに同様でした。刺激に耐えながら前に進みますが、コブのところに来ると、

「ああんっ」

 と声を出して、歩行が止まるのでした。

「立ち止まらないで、ちゃんと歩きなさい」

 私の指示で、彼女は歩行を続けますが、コブに当たるたびに声を出し、刺激に耐え切れず動きを止めるのでした。

 そんな股縄歩行が、何往復も繰り返されました。

DSCF1540.jpg

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 12

 次のプレイは股縄歩行でした。股縄歩行は縄のところどころに、等間隔に結び目を作ったものを部屋に張り、その縄をまたぎながら、M女性を歩かせるというプレイです。


 これは、ある程度の部屋の広さがないと楽しくできません。私がよく利用するホテルで、この部屋並みの広さの場所があるのですが、その部屋は手頃な柱などなく、縄が張れない造りになっています。しかし、この部屋は妙に広く、また縄を張るのに適した造りとなっていたので、私は「よし、やってみよう」と思ったのです。この部屋は、そんな股縄歩行を想起させてくれるような、ありがたい造りになっていました。

 さて、股縄歩行のポイントは、縄のところどころに作る結び目です。これがどんな作用を及ぼすのかは、皆さんはもうご存知かと思います。


DSCF1538.jpg

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 11

 柱に縛りつけられた彼女は、身動き一つできません。直立不動の姿勢で責めを受けるわけです。私はまず、彼女の襦袢を、肩から下にずり降ろしました。もちろんその下に下着はつけておらず、彼女の胸があらわになりました。そんな様子を晒され、彼女は喜びの表情から一転、羞恥に耐える表情へと変わっていきました。

 私が彼女の乳首を触ると、硬くなっていくのが分かりました。そんな乳首を舐め、そしてローターで刺激しました。

「あんんん・・・・」

 彼女は声を出しよがり始めました。そのローターの刺激を、胸からだんだんと下に移動させていきます。そして、彼女の秘所にローターが到達した時、彼女の反応はより強くなりました。

 普段ならそこで腰をかがめ、刺激を制御するように体が反応するところですが、今回はそうはなりません。足と腰を固定しているわけですから。そして首の固定は、彼女が体を動かすことで彼女に罰を与えるのです。動けば彼女の首が締まるわけですから。

 彼女は体を動かすことを許されず、棒立ちのまま刺激を受け続けていきました。

DSCF1537.jpg

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 10

 いよいよ襦袢姿の緊縛が始まりました。彼女の表情を見ると、嬉しくてたまらないような様子です。初めて緊縛を受けた頃の緊張感は、もう彼女には微塵も感じられません。逆に安心感が彼女を取り巻いています。そこからくる心の余裕が、彼女に襦袢を用意させたのでしょう。

 さて、部屋を見渡すと、入り口とロビーの境目のあたりに、金属の柱が立っているではありませんか。それを使わない手はないと思い、私は彼女をその柱に拘束しました。後手縛りを施してから、足、胴体、が動かないように柱にくくりつけました。そして、さらに首も柱に固定しました。

 この首の固定がこの最初の縛りの肝となるのです。

DSCF1536.jpg





緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 9

 プレイの初めに、お試しで着衣のまま磔に彼女を拘束してみました。磔の回りは青いライトが光り、まさにSMショーの雰囲気です。私は軽くローターで刺激する程度にして、すぐに拘束を解きました。

 私は服を脱ぎ、シャツ1枚の格好になりました。そして彼女は・・・


 彼女は何と、この日のためにあるものを用意して臨んでいました。それは襦袢です。

 彼女は和服での緊縛に憧れており、襦袢を入手していたのです。用意されたのは白い襦袢と赤い腰紐。白地に赤が、何とも映えます。彼女も準備が整いました。


DSCF1534.jpg

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 8

 とはいえ、まずは腹ごしらえです。私は待ち合わせ前に買ったお寿司を出しました。そのお寿司は、その日の朝、佐渡で水揚げされた魚を直送しているので安いのです。寿司ネタも、その日に届いた魚が違えば違ってきます。12貫入っていますが、同じネタの物もありました。

 でも、新鮮なネタの寿司が、こんな格安で食べられるのです。幸せなことです。で、胃袋を多少幸せにしてから、もっと幸せなことを始める準備をしました。そうです。いよいよSMルームでのプレイが始まるのです。

DSCF1533.jpg

緊縛調教志願のM人妻と、SMルームのあるホテルへ 7

 部屋は思ったよりずっと広く、普通のソファー、ベッド、浴室、トイレのスペース以外に、SMスペースがあるという感じでした。部屋の右手がSMスペースです。

 そのSMスペースには、奥に磔が円形のお立ち台の上にありました。そしてお立ち台から下に降りた場所、磔のまさに正面に拘束椅子がありました。ここで女性が磔をされれば、まるでSMショーが始まらんかの雰囲気になります。

 なんて素敵な部屋なのでしょう。私の気持ちも彼女同様どんどん高まっていきました。

DSCF1532.jpg
プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3575位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
177位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR