FC2ブログ

デリヘル嬢はオプションで稼ぐ2

 オプション料金は、店ではなく全てデリ嬢のものとなる。ということは、一人の客がオプションをどんどんどん入れてくれれば、打ち出の小槌のようにお金がどんどん貯まっていくわけです。

 リピーターさんを作ることも大事ですが、いろいろなオプションに対応できるようにプレイの幅を広げることも、お金を稼ぐうえではとても大切なことになっているようです。

 彼女らは、店のサイトでブログを書くことができます。ブログは自分を宣伝する格好のツールです。そこで緊縛好きなことを書けば、オプションで縛りをしてもらえるかもしれません。また、縛り好きな人がやってくるかもしれません。

 デリ嬢は、お金を稼ぐためにいろいろな努力をしているのです。

終わり

DSCF1669.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

デリヘル嬢はオプションで稼ぐ1

 一昨年から、現役のデリヘル嬢や、デリヘル経験者と交流する機会が得られるようになりました。デリヘルを利用したことのない私にとっては、未知であると同時にとても興味ある職業なので、彼女らの話はとても新鮮です。またしても、知らなかった新たな世界を覗くことができました。

 で、今回新たに仕入れた情報は、「デリヘルはオプションで稼ぐ」です。以前聞いた話では、お客が払った料金の半分がデリ嬢の手取りになるということでした。しかし、どうやらオプション料金は、店とデリ嬢の折半ではなく、全てデリ嬢に入るということらしいのです。

続く

DSCF1667.jpg

アダルトショップで女性に買い物をさせる

 私は羞恥プレイの一つとして、M女性を同伴して、その女性に商品を買わせたことがあります。その時、レジでの彼女の様子を観察してみました。

 やっぱり普通の店で買い物をするのとはわけが違いますね。彼女は直立し、硬直した感じでぎこちなく商品を受け取り、店員の言葉には一切反応しませんでした。

 終わってから様子を聞いてみたら、とても緊張していたとのこと。背中を触ってみたら、汗がにじんでいました。

 男性でも初めてアダルトショップで買い物をする人は、きっと同じような反応をすることでしょう。女性はアダルトショップに入店すること自体とてもドキドキすることなので、そこで買い物をするというのはとても大変なことなのでしょうね。


DSCF1665.jpg

アダルトショップで買い物をするとき

 みなさんは、レジで買い物をするときに、店員さんの言葉に反応しますか? 私は「どうも」とか「はい」とか、何かしらの返事をしてしまいます。それはアダルトショップでも同じです(汗)

 でも、アダルトショップで店員さんの声に反応するのは、実は恥ずかしいことなのかもしれません。なぜなら、人前で堂々と見せられないようなものを買うわけですから。

 そのような店のレジは、商品とお金の受け渡しができる程度の窓があるくらいで、顔が合わないようになっています。それが、お客さんへのささやかな配慮なのですね。

 皆さんは、買う時はどんな様子で買いますか?


DSCF1664.jpg





汗2

 思えば私が一番汗をかいたのは、緊縛を行った初期の頃です。特に初緊縛の時はとても汗をかきました。縛っているときに、目に自分の汗が入り、目が痛くなってくるのです。額から汗がだらだら流れ、肘で拭うと肘がびっしょりになりました。これほどまでに汗をかくのは、暑い夏にラーメンを食べた時くらいなものです。

 緊縛を受けた女性同様、私の過度の緊張と興奮が、汗をそれだけ出させたのでしょうね。さすがに今は、これほどまでに汗をかくことはなくなりました(汗)


DSCF1663.jpg

 緊縛を受けた女性が、背中やわきの下にすごく汗をかいていることがあります。でもその女性は決して汗かきというわけではないのです。

 では、この汗はどういう汗なのでしょうか。

 恐らく、それは緊縛を受けることの緊張や興奮からくる汗なのかと思います。

 ドキドキするときに手に汗握るというくらい、発汗することがありますが、それと同じで、縛られたM女性は体が同じように反応しているのでしょうね。縛られた女性の肌を見れば、その女性の反応度合いが解るのかもしれません。


DSCF1662.jpg

緊縛プレイ時の写真撮影3

 カップルさんの相方の男性は、プレイに参加せず、写真撮影に徹します。その撮影の量たるや、ものすごい量です。撮らない間がないほど、連続で撮るのです。その数何百枚。800枚撮った方もいました。

 撮るアングルもすごく、テレビの上がっている台の上や窓のあたりのわずかな場所に足をかけて、そこから撮るなど、様々なアングルで撮っていました。

 何といってもいいなあと思うのは、1回目の話で書いた、プレイの中断がなく撮影ができることです。あと、緊縛をしている様子など、自分では普段撮ることができないものも収めてもらうことができます。

 そう考えると、プレイの時にカメラマンがいるっていうのは、怖い面もありますが、その心配さえなければ、とてもいいことなのかもしれません。


DSCF1660.jpg


緊縛プレイ時の写真撮影2

 カップルさんの女性を縛る、という経験は過去に何件かあるのですが、私がカップルさんの女性を縛った時は、なぜか3Pになることがなく、相方の男性はどの男性も撮影者になっていました。緊縛プレイの依頼だから、参加ではなく見学したいと思うからなのでしょうか。

 3Pになると、相手に対しての遠慮が出るかもしれないし、やりにくさもあると思われるので、自分が好きに動くのは、プレイとしてはやりやすいです。だからそれは特に問題ありません。

 で、撮影をする方は、どの方も一眼レフのいいカメラを用意するのですね。首にカメラバンドをかけた姿は、まさにカメラマンといった様子です。私がいつも使っているデジカメとは大違いです。それだけ、いい画を収めたいという気持ちの表れなのでしょう。撮影に対する意識の高さを感じてしまいます。

DSCF1657.jpg

 

緊縛プレイ時の写真撮影1

 私は緊縛プレイの時によく写真を撮ります。その写真はプレイの記録用として残しています。もちろん撮影がNGの場合は撮りません。写真を撮られるというのは、怖いことですから、取られるのが嫌だという人を撮ることはしていません。でも、今まで縛った方の8割は撮影に同意してくださっていました。結構大丈夫な人は多いのですねえ。

 さて、写真を撮る場合は、基本的にはプレイが中断します。それは1対1の場合は仕方のないことなのですが、やはりプレイが多少なりとも中断してしまうので、場合によってはちょっと困る場合もあります。もちろん撮ったものを見せるなど、被虐心や羞恥心を煽る使い方をすることもできるわけですが、本来は余計な間を開けないで進めるのが一番いいのですよね。

 そこは、プレイ中に感じてしまう部分です。

DSCF1655.jpg

父親にSM調教されたい願望を持つ娘 ~その後2~

 彼女は、父親とビジネスホテルに行き、そこでペットプレイをしたそうです。彼女は父親が用意した首輪を付け、リードで引っ張られ、四つん這いの状態でプレイをしたそうです。

 今回は趣向を変えて、彼女との会話形式で内容をお楽しみください。

M子 > お父さんにご奉仕して、お口に出してもらいました。
愛縄 > はい 飲みましたか
M子 > はい。 それからお掃除もして。
愛縄 > お掃除?
M子> お掃除フェラです。お父さんが気持ちよかったよって。
愛縄 > いいですね お父さん 。
M子> ご褒美あげなきゃねって。
愛縄 > はい。ご褒美は挿入ですか。
M子 > はい…お尻を突き上げ…入れてくださいって。すごいびしょびしょだねって。変態お嬢様って 。
愛縄 > そんなことをお父さんに言われると、とても恥ずかしいですよね。
M子 > はい…ドキドキして嬉しくなります。
愛縄 > M子さんは、変態マゾですね 。
M子 > はい…。こんなはしたないお嬢様にはお仕置きしなきゃって。
愛縄 > どんなお仕置きを受けましたか?
M子 > 焦らされました。
愛縄 > 挿入を焦らされたのですか?
M子 > はい。
愛縄 > どんな気持ちになりましたか。
M子 > 入れてください…って。
愛縄 > なるほど。我慢できなくてお願いしたのですね。
M子 > はい…少し入れて…抜いたり。入れてください…って何度も 。
愛縄 > 何度もお願いしたのですね。
M子 > はい。時間もあるしそれからは入れてくれました。
愛縄 > 最後はとても気持ち良くて、すぐに逝ってしまったのではありませんか?
M子 > はい。中にも出してもらいました。
愛縄 > そうですか よかったですね。お父さんのものを入れてもらって。

 こんな感じでプレイは行われていたようです。また彼女と話をするときは、どんな土産話をいただけるか、楽しみです。

DSCF1654.jpg
プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
191位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR