FC2ブログ

私はM? 人妻緊縛体験10

 新幹線の中、私は何度も何度もSNSを確認しました。しかし、いつまでたっても既読はなりません。新潟を過ぎ、群馬に入っても、群馬を過ぎ、埼玉に入っても。ひょっとして、彼女は怖くなって、もう会うことを取りやめてしまったのでは。

 埼玉県に入ったころから、私はもう完全にあきらめムードとなっていました。大宮に行ってから、改札を出ないでUターンしようか。それとも大宮駅で降りてからどこかで時間を潰してから帰ろうか。そんなことばかり考えていました。今回はとても大きな授業料だったなあと。。。

 あと数分で大宮駅に着くであろう、その時です。遂に彼女からトークが入ったのです。


032810.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

私はM? 人妻緊縛体験9

 「会うのが怖い」
という彼女のトークに対し、私は、
「まず話だけでもしましょう。それから考えましょう」
と返しました。

 朝6時。彼女から次のトークが届きました。
「新幹線の乗車券は見せていただけないですか? それから私はそんなに早く出れないかもしれません」
 私は、
「わかりました。切符を買ったら写メを送ります」
と返しました。

 彼女は私が本当に私が新幹線に乗るのか、確たる証拠が欲しくなったのでしょう。逆に言えば、これを見せなければ、彼女は約束の場所に来ないかもしれないと思いました。

 7時30分、私は大宮駅行きの切符を買い、早速写メを送りました。そして間違いなく新幹線に乗るのだということを見せるために、新幹線のコンコースの写メも送りました。

 7時52分、新幹線が新潟駅を出ました。しかし、それを知らせるトークや、写メは未だ未読のままでした。

032809.jpg

私はM? 人妻緊縛体験8

 ここまでは割ととんとん拍子に決まったのですが、県外遠征をして出会うというのは、とても精神的な負担を強いられるものです。仮に彼女に急用ができたり、すっぽかされたりなどの事情で会えない場合、多額の費用と時間を無駄にすることになります。過去に数回、県外遠征での緊縛を経験していますが、県内以上に会えなかったらどうしようという不安感は強くありました。

 そして彼女もまた、私のことを最後の最後に怖さが顔を出してきたようです。実際に何度か通話で話をしたとはいえ、実際に会うのはやはり怖いものなのでしょう。何と当日の朝5時過ぎに、「会うのが怖い」という内容のトークが送られてきました。私が新幹線に乗る時刻まであと2時間ちょっと、という時間にです。


032808.jpg

私はM? 人妻緊縛体験7

 私の申し出に対し、彼女は、わざわざ来てもらうのは申し訳ないという感じでしたが、いろいろ話をしていくうちに、彼女も前向きになってきました。彼女自身が、少し楽しみになってきたような感じさえも受けました。

 ちなみに彼女は関東に住んでいますので、会うといっても簡単なものではありません。最低でも新幹線を活用しないと、日帰りで会うことはできない距離なのです。

 私は仕事内容の薄い日を探し、彼女に日にちの提案をしました。彼女は専業主婦なので、平日昼間なら比較的時間があります。有り難いことに、私の数少ないチャンス日に、彼女は時間を合わせてくれました。

 あとは当日を待つだけとなりました。


032807.jpg

私はM? 人妻緊縛体験6

 ある日、彼女は私に自分の足を縛った画像を見せてくれました。黒のガーターに黒のストッキング、そんな彼女の太ももに、真新しい縄が巻きつけられています。何とそそる写真でしょう。彼女はとてもスタイルの良い女性である感じがしました。その写真を見せていただいたことで、私の心の中で、ある考えがまとまってきました。

 間違いなく彼女はM性の強い女性です。しかし、彼女は果たしてそうなのか半信半疑。これをはっきりさせる方法はただ一つ。そうです。私が彼女を縛ってみることです。

 ある日、私は彼女にその提案をしました。
「私の緊縛を受けてみませんか」

032806.jpg

私はM? 人妻緊縛体験5

 SM行為を受けて感じたのは、自分がMだからなのか、それとも好きな彼氏にされたからなのか。

 これについては両方だろうと私は思いました。相手が好きだからSM行為を受け入れたことはもちろんあるでしょうが、自分が果たしてそうなのかを考えること自体、SM行為が忘れられないというわけです。M性の強い女性はSM行為に惹かれるものです。彼女はそれを受け入れる準備ができていないだけなのかもしれません。

 事実彼女は、その後自分の麻縄を所持するようになり、自縛をするなど、SM行為の妄想を膨らませていたようです。しかし、本当に自分がMなのか、それを認めたくもないような雰囲気も、話していると感じられるのでした。


032805.jpg

私はM? 人妻緊縛体験4

 一つ目の相談である彼氏のことについては、私も解決策は見つけられず、彼の言葉を信じる事。あと、あまり考えないようにする方がいいと話しました。それも酷なアドバイスでしょうが。

 何か他にいい解決策があれば、読者の皆さんに教えていただきたいところです。これについては、彼女と何度となく通話しましたが、いつも堂々巡りでした。

 で、もう一つの相談事。彼女はMなのかという話題に移りました。彼女は彼氏にSM行為を受けたことがあるのですが、それで感じたのは、自分がMだからなのか、それとも好きな彼氏にされたからなのか、果たしてどちらなのだろうかというものでした。


032804.jpg

私はM? 人妻緊縛体験3

 彼女はブログを出していました。そのブログには自身のきわどい写真を載せることもありました。

彼女はかつて、ネット上である男性と主従関係を持っていたのですが、初めての事だったので嵌ってしまい、傷ついて終わっていました。その時に相談に乗ってくれて、心身ともにボロボロになっていった彼女を救ってくれたのが現在の彼氏だったのです。

 しかし、ブログはいいことばかりではありません。誹謗中傷とまでは行かないまでも、本人を傷つけるような表現を載せる人もいます。それに耐えられなくなった彼女は、ブログを閉鎖したそうです。しかし、今、そのお付き合いしている彼氏が信じきれないという心の迷いが、新たにブログを出しなおすきっかけとなったのです。そんな折、彼女は私のブログを見つけ、私に助言を求めてきたということなのです。

032803.jpg

私はM? 人妻緊縛体験2

 彼女は既婚者で子供もいます。しかし、家ではレス状態。そこで、外で男性と関係を持つようになったそうです。彼女のお相手の男性は、遠方に住んでいる上に、仕事が忙しい、なかなか彼女に会うことができない。毎日連絡は来るということですが、会えない状態であることが彼女にはもどかしいようで、実は他に女がいて会えないのではないのだろうかと、勘ぐるような有様でした。

 彼氏の居住地を聞きました。確かに彼女の居住地には遠い。でも、休日に日帰りで向かうとしたら、決して不可能な距離ではない。ただしかなり厳しいタイムテーブルです。もし事実なら、確かに会いに行くのは困難だろうと感じました。その男性が既婚者であればなおさらのことです。

 でも、彼女はネット恋愛のトラウマもあり、会えない不安が、彼女に疑心暗鬼を持たせているようでした。

032802.jpg

私はM? 人妻緊縛体験1

 ある冬の話です。私の出しているブログに、メッセージが届きました。その女性はいくつか悩みを持っていて、それを相談したいようでした。

 どんな内容であれ、人から相談を受けるというのは、何とも嬉しいものです。少なくとも、その人は私と話すことで、何かしらの解決の糸口を見つけることができると考えているのでしょう。私が彼女の相談に乗って、少しでも何らかの役に立つことができればと思い、返信をしました。

 彼女の悩みは大きく二つありました。一つは、婚外恋愛の彼氏がいるのだが、その彼氏は本当に自分のことを思っているのだろうかということ。もう一つは、自分は本当にMなのだろうかということでした。


032801.jpg


プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
191位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR