FC2ブログ

婚活パーティの実態2

 そのような話を聞くまでは、私は婚活パーティが性的行為目的の温床になっているとは、つゆほども考えたことがありませんでした。

 私がそのことを教えてもらった女性に聞いた話によると、彼女が初めてそのパーティを利用した時、あまりにナンパな雰囲気に圧倒され、すぐに帰ったのだそうです。

 でも、その後彼女は、そのようなパーティは、必ずしも結婚相手を探すためではなく、他の目的の人もいるのだということを理解し、それを踏まえて利用することにしたそうです。

 婚活パーティに参加したことのある人に、いろいろ話を聞いてみたくなりますね。




DSCF1704.jpg


スポンサーサイト
[PR]

婚活パーティの実態1

 ある人に聞いた話です。婚活パーティは、出会い系と同じようなものとして参加している人も多いのだと。

 つまり、結婚相手を探すためではなく、エッチをする相手を探す目的でくる男女がかなりいるということです。

 私は、そのようなパーティに参加したことがないので、その実態はよくわからないのですが、本当にそうなのでしょうか。

続く


DSCF1702.jpg

相棒season15、2月8日放送での緊縛場面

 母親が悪者に拉致されて、椅子拘束された場面。緊縛好きなら思わず目をとめてしまう場面ですが、今回は縛りではなく、猿轡に思わず目が点に。

 こんなに口から浮いているような猿轡で効果があるのだろうか?


20170209_221010_001.jpg


緊縛調教を依頼してきたM処女22  -最終話-

 午前10時に会ってからすぐホテルに向かいましたが、気付けばもう午後の2時になろうとしていました。緊縛調教をすると時間の経つのは早いものです。

 彼女も、ずっと思い焦がれていた緊縛をしてもらったことで、とても満足そうでした。彼女は日常生活の中で、自分を表現することが苦手なようですが、私には、何でも素直に話すことができました。

 そんな点でも、彼女にとってこの緊縛調教はよかったのかもしれません。勇気を出して願望を叶えることで、満足感を得ることができ、そして自分を出すこともできました。日常の生活にも張りが出てくることと思います。

 私も彼女の願望を叶える手伝いができてよかったと思いました。

 緊縛願望を持つ女性は多くいますが、彼女のように緊縛を経験すれば、きっと得るものは大きいのだと実感させられた一日でした。




092322.jpg

緊縛調教を依頼してきたM処女21

 そんな彼女に、最後に放●プレイをさせました。緊縛した状態で彼女を浴室に連れて行き、私の前でおし●こをさせました。

 おし●こをしている姿を人前で見せるのは、とても抵抗があります。放●プレイは羞恥心を高めるのには適したプレイです。

 さすがに彼女も私の前でなかなか出すことはできませんでしたが、やがて彼女の下半身から、黄色い液体が少しずつ垂れ始め、だんだんと勢いよく流れ出ていきました。

 彼女の被虐心や羞恥心はとても高まっていました。


092321.jpg

緊縛調教を依頼してきたM処女20

 挿入はできませんでしたが、彼女をベッドの中で抱きしめると、彼女も私を力強く抱きしめてくれました。

 私が「いい子だね」といって髪をなでると、彼女はとても喜んでいました。父親からあまり優しくしてもらえない彼女は、父親のような年齢の私に優しくされることで、とても安心感を得たのでしょう。

 「頭を撫でてもらうのが好きです」と彼女は私に話してくれました。

 そんな愛情に飢えている少女のような女性ですが、緊縛されて恥ずかしい責めを受けて感じてしまうM女なのです。そのアンバランスなところが彼女の魅力なのかもしれません。


092320.jpg

緊縛調教を依頼してきたM処女19

 彼女は処女でしたが、挿入はNGではありませんでした。でも、挿入経験がなく、入れる怖さは持っていました。

 対する私は、処女に挿入する経験はありませんでした。でも、今回はNGではないし、入れることができる期待感も持っていました。

 処女を喪失させると、どうなるのだろうか。彼女はどんな反応を示すのだろうか。そんな気持ちを持ちつつ、彼女をベッドに寝かせ挿入準備をしました。

 しかし、彼女はオナニーの時に膣の中に指を入れたこともなく、私が指先にローションを付けていれるだけでも、それはとても困難なことでした。少し入れるだけで、彼女はとても痛がる様子で、これはさすがに入れる余地はありませんでした。このような状態では、私の太いものはまず無理です。挿入は諦めることになりました。


092319.jpg

緊縛調教を依頼してきたM処女18

 その後も、胡坐縛り、逆海老縛り、M字開脚縛りなど、いろいろな縛りを行いました。彼女はどの縛りもとても似合いました。

 やはり、何度も言うように彼女は小柄で縄が余るくらいになるからこそ、そのように感じたのでしょう。

 彼女的には、逆海老縛りがお気に入りだったようです。苦しい感じにされるのがよかったとのことでした。

 もちろん縛るだけでなく、その都度ローターや電マなどの玩具を当てて彼女に快楽責めを味わわせました。決して彼女は大きな声は出しませんでしたが、声を出すのを我慢しながら感じている様子には興奮させられました。


092318.jpg

緊縛調教を依頼してきたM処女17

 調教の合間に、フェラも何度かさせました。緊縛をした状態でのフェラ、縄を解いてからのフェラ。

 彼女は、フェラは初めてではなかった(性感マッサージ師にした)のですが、まだ経験は浅いので、決して上手くはありませんでした。しかし、私に対する気持ちが感じられるフェラでした。手を使ったときは優しく持ち、ゆっくりと口の中に私のモノを含みました。

 私は、このようにするといいよ、とアドバイスしながらフェラをさせました。


092317.jpg

緊縛調教を依頼してきたM処女16

 ボールギャグは、後手縛りと股縄縛りをしてから咥えさせました。ボールギャグは、言葉を奪い、発情している動物のように涎を出させるアイテムです。しかし、恥ずかしがり屋の彼女は、我慢してなかなか涎を流しません。でも、そこは流させたい場面です。そこで、無理やり出させるために次のことをしました。

 まずは、ローターをショーツの中に入れました。感じさせることで、涎を流すための我慢を忘れさせるためです。そして次に、彼女の頭を押さえ、下を向かせました。

 さすがにここまですれば、涎を流さないわけにはいきません。彼女の口から、糸を引くように一筋の涎が流れ落ちました。

「ほら、こんなに涎を流して、いやらしいね」

 私はこんな言葉を彼女にかけました。

092316.jpg
プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
198位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR