FC2ブログ

新潟旅行緊縛付き12/30

 まずはお決まりの着衣緊縛からのスタートです。彼女の身長は私が縛るにはちょうど良い高さでした。とても縛りやすい印象を受けました。手を後ろに組んで、身を預ける彼女はややうつむき加減で、恥ずかしそうでした。

 私は後手縛りにしてから、彼女を洗面所に連れていきました。
「見てごらんなさい。貴女の緊縛姿ですよ」
私はうつむいている彼女の頭を掴み、顔を鏡に向けました。

 「縛られるとこんな風にされても、逃れられないのですよ」
 私は彼女の着衣の上から、胸を弄りました。すると、
 「ああんーー」
と彼女は声を漏らしました。

 彼女はかなり感度がよさそうだと、私は思いました。

20190401_120127.jpg

スポンサーサイト
[PR]

新潟旅行緊縛付き11/30

 私たちが向かったのは、平日ならどの部屋も3時間均一料金という、リーズナブルな料金ながら満足度の高い人気?ホテルでした。部屋数は、40室くらいはあるのに、空いている部屋はまだお昼前にもかかわらず10室にも満たない感じでした。

 ところで、彼女は今回がラブホテル初体験でした。ですから、部屋の選び方、部屋への移動の仕方、チェックインの仕方など、すべてが新鮮なようでした。そんなラブホテルの様子を説明しながら、私たちは部屋に向かいました。

 部屋に入ると、彼女は内装の豪華な様子に圧倒されている感じでした。まずは荷物を置き、おにぎりやパンで軽食をしながら、新潟観光の話やSMの話などをしました。

 食事が終わり、いよいよ彼女の緊縛が始まります。


20190401_120121.jpg

新潟旅行緊縛付き10/30

 彼女は高速バスで新潟に来たくらいですから、▲までは電車を使っていく予定でした。しかし、▲までの交通の便は決して良くはありません。電車の数も限られているので、彼女は▲行きのアクセスのよい電車が出発するまで4時間ほど、滞在しなければなりません。今回の逢瀬は、その時間を活用するというものでした。

 しかし、ここで私は彼女に提案をしました。緊縛が終わったら新潟市内のおすすめスポットを案内しますよと。

 彼女は▲温泉、▲▲をターゲットに絞って来ていたので、新潟市内観光は考えてもいなかったらしく、とても喜んでくれました。

 私の提案を彼女が受けてくれることが決まり、いよいよ私たちはホテルに直行しました。

20190401_114612.jpg

新潟旅行緊縛付き9/30

 どうやら、彼女の方が早く着きそうです。私は信号待ちの時に、あとどのくらいで到着するか連絡をしました。待たせることで彼女に無用な心配をかけるわけにはいきません。

 彼女は結局到着予定時刻より10分以上早く着いたようです。彼女に続くように、私も到着しました。

 私がバスの停留所に車を停めると、左側から女性が私のところに向かってきました。私が会釈すると、彼女も返してきました。間違いない。メールの女性は彼女でした。

 かつてフリーメールにmesubutaと入れている女性だから、どんな方だろうとドキドキしていましたが、スリムでスタイルの良い女性で、笑顔がチャーミングな方でした。そんな女性が、mesubutaと名乗っていたわけですから、期待が高まりました。

20190401_114402.jpg


新潟旅行緊縛付き8/30

 職場を10時過ぎに出発。彼女の新潟駅前到着予定時刻は11時5分でした。私も高速バスを利用したことがありますが、平日の高速バスは、事故による通行止めなどのアクシデントさえなければ、予定より早く着くものです。

 11時に到着すればいいだろうと思い、コンビニで買い物をしてから行くことにしました。私と彼女の昼食を買うためです。彼女におにぎりかパンか、どちらがよいかメールで尋ねました。

 すると、その返事とともに、もう高速を降りたとの連絡が入りました。これは思ったより早く到着するかもしれない。逆に彼女を待たせることになるといけない。私は慌てて車に乗り込み、駅へ走らせました。


20190401_114359.jpg

新潟旅行緊縛付き7/30

 この一文を見て、私はとても嬉しくなりました。私に緊縛してもらうことを期待している言葉です。これに応えないわけにはいきません。

 私は
「ぜひ縛らせてください」
 と返しました。


その後、▲観光についていくつかのやり取りを行い、翌日を迎えました。いよいよ彼女と会う日になりました。


 今までに、印象的な出会い方をした人は何人かいましたが、今回のようなケースは初めてです。以前やり取りのあった方が、私を思い出して再度連絡をしてくださり、そして会うことになるのです。降ってわいたようなドラマチックな展開に、胸が躍る気持ちになりました。

 この日、私は仕事を午前の数時間だけ行い、彼女を迎えに新潟駅に行くのです。仕事を切り上げる時間は、本当に短いのに、なかなか待ちきれないくらいでした。


20190401_114303.jpg

新潟旅行緊縛付き6/30

 私はメールで、
「明日お会いしましょう。駅に迎えに行きます」
と返事をしました。

それに対しての彼女の返信は、
「私はドキドキです。。
まさか会うことになるとは…」

という内容でした。

私の勝手な推測ですが、彼女は「本当はお会いしたい気持ちはあったのだが、あまりにも急な案件だったので、会うことは難しいのかもしれない」と思っていたのでしょう。

それを裏付けるようなメールが、この後届きました。

「明日は、、、実際に縛ってもらえるのですか?」

20190401_114012.jpg

新潟旅行緊縛付き5/30

 その後のメールのやり取りをする中で、いくつかのことがわかりました。
 ・彼女の新潟一人旅は1泊2日であること。
 ・▲温泉、▲▲に行くこと。
 ・高速バスで県外からくること。
 ・会う可能性のある時間は1日目に新潟についてからの数時間であること。
 ・2日目はゆっくりと観光を考えていること。

 どうやら、会う日は1日目しかなさそうだ。1日目を観光に当ててもらって2日目にのんびり会うのがベストだけど、彼女の予定もあるだろうし、私から日程の変更を依頼するわけにはいかないだろう。

 待てよ。1日目は大事な仕事の日じゃないか。そんな大事な日に仕事を休んでいいのか?

 でも、1日目に会えなかったら会う機会はもうないかもしれない。こちらの方が大切だ。

 短時間の間にいろいろな心の揺らぎがありましたが、私の気持ちは固まりました。

20190401_114009.jpg

新潟旅行緊縛付き4/30

 その後、酔ったせいもあり、すぐに深い眠りに落ちてしまいましたが、休日の特権である「目覚ましなしの朝」にも関わらず、私は真夜中に目が覚めてしまいました。

 酒を飲んだせい?  いえいえ、あのメールが気になっていたからかもしれません。
深夜の返信だったから、彼女はまた見ていないだろうと思いつつも、スマホを確認していたら、何と返信メールが入っていました。

 新潟の▲▲に行く予定です。そこの温泉に一泊します。
でも行くのが1日なので、明日なんです。

 ふと思い出して、ネットで見ていたら縛られている写真を見てドキドキしてしまい、思い切って連絡してしまいました。






彼女は私と会うことを期待しているのではないか。私はこの文章を読んで、確信しました。私は、このときは開店休業状態でした。会うチャンスがあるなら、何とか実現させたいと思いました。

20190401_113745.jpg

新潟旅行緊縛付き3/30

 私が気付かないうちに届いていた2通のメール。その2通の意味を自分なりに解釈してみました。

 私の返信なしに2通目が来たということは、私に早くメールを出したことを気付いてほしいからであろう。
 一人旅ということはきっと何日かに渡るかもしれない。だから会う機会が持てるのではないだろうか。

 そして、次のような配慮も文に入れないといけないと思いました。

 「彼女のことを忘れてしまっていたという表記は入れてはいけない」


 それらを踏まえて、私はこのように返事をしました。

まいさん。
夜分遅くすみません。
メールありがとうございます。

飲み会で帰ったばかりで、返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

ご無沙汰していました。
新潟にいらっしゃるのですね。どちらに行かれますか?
もしお会いできる時間があれば嬉しいです。



20190401_113738.jpg

プロフィール

ainawa

Author:ainawa
新潟県内をはじめいろいろな地域で、緊縛を愛好したり興味を持ったりしている人と、交流をしていきたいと思います。

気軽にご連絡下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4551位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
239位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR